at家
インスタレーション

工業製品、日用品、美術品。「LOT-EK」

今回取材したのはLgalleryさんで行われた展覧会「LOT-EK」 日常を作るものを素材とし、繊細な美術品へと変化させる技は決して人間だけの力ではなしえなかったことを感じさせてくれます。 それではご紹介いたします。 緻 …

彫刻

日常を支える道具との親和。RAFAEL NAVAS

今回取材したのはギャルリhu: で行われたRAFAEL NAVAS(ラファエル ナバス)氏の展覧会。 華やかな色彩によって彩られた机や棚などの作品が多く展示されていて、どれも目を掴んで放さない引力を持っていました。それで …

インスタレーション

鋭いメタファーに込められる言葉。中村太一展

今回取材したのはガレリア・フィナルテで行われた中村太一氏の展覧会。 様々なモチーフを混在して配置し、それをメタファーとして表現する中村氏の作品はどれも人を惹きつける暗さがあるように思えました。そんな展覧会をご紹介していき …

インスタレーション

かみさまである何かを探る。「化現の光」アートラボあいち

今回取材したのはアートラボあいちで行われた展覧会「化現の光」 美術を観賞する際に感じる「何か」を「かみさまっぽい何か」と定義しスレを探っていく展覧会でした。 音響と作品のコラボレーションが鑑賞者自身をここではないどこかへ …

インスタレーション

伝達する、繋がっていく。「距離と伝達」引込線サテライト

今回取材したのはgalleryNさんで行われた引込線のサテライト企画「距離と伝達」 鏡を使った作品や紙をめくる作品など作品に直接触れて鑑賞するものが多い印象でした。 引込線という企画のサテライトで行われたこの企画は、果た …

版画

揺蕩うまぼろしをみる。遠藤浩治 木版画展

今回はGalleryA・C・Sで行われた遠藤浩治氏の展覧会を取材しました。 木版画によって刷り重ねられた植物と人との融和は、夢をみているような感覚を与えられます。それぞれの作品に刷られたモチーフが織りなす遠藤氏の世界をご …

インスタレーション

蹴破られたハコは草を散らして。 森部英司「地球に接吻」

今回取材したのはgalleryNで行われた森部英治氏の展覧会「地球に接吻」 ギャラリーからはみ出るほどに展示された大きな馬車や、その馬車から転げ落ちた牧草が転がり床一面に散乱しているところから大きなインパクトを受けます。 …